血糖値が高い状態が続くことを糖尿病と言います。生活習慣病の1つとして、多くの患者さんがいる病気ですよね。

 

実は最近、青汁には血糖値の上昇を抑える効果があることが分かり注目が集まっています。

 

血糖値が高い状態が続くとどうなるの?

 

血糖値というのは、血液内の糖分の量のことです。誰もが食事を摂ると一時的に血糖値は上がります。

 

時間が経つと、インスリンというホルモンが働き血糖値を下げてくれます。

 

しかし、食生活に問題があって糖質を多く含む食事を続けていると、血糖値が高い状態が続きます。

 

そしてインスリンは仕事のしすぎで疲労状態が続き、働かなくなるのです。

 

インスリンの働きが弱まると、体内では糖尿病や動脈硬化、脳卒中などの症状が現れます。

 

血糖値を下げるにはどうしたらいいの?

 

血糖値を下げるには、食生活の改善が必要です。

 

糖分の多い食事を改め、野菜中心の生活に変えると血糖値は上がりにくくなります。これが「野菜から先に食べましょう」と言われるわけです。

 

同じ野菜といっても、どれでもいいわけではありません。イモ類には糖分が多く入っているので注意しましょう。オススメは、青野菜や葉野菜です。栄養価が高く糖分がほとんど入っていません。

 

手軽に血糖値対策をするなら毎日の青汁

 

青汁はケールや大麦若葉、明日葉や桑の葉などの青野菜を主原料としています。

 

これらの青野菜には、血糖値の上昇を抑えるビタミン・ミネラル・アミノ酸・食物繊維などが豊富に含まれています。

 

また、難消化性デキストリンという成分が入っている青汁は血糖値上昇を抑える効果があるので特にオススメです。

 

飲みやすくて血糖値に効果があるすっきりフルーツ青汁とは?

 

ケールや大麦若葉明日葉や桑の葉など、主原料のみで出来ている青汁は「味気ない」「美味しくない」と感じる人も多く「続けられない」という声が目立ちます。

 

そんな人たちにオススメなのが『すっきりフルーツ青汁』です。食前30分前に飲んでおくと、血糖値の上昇を抑えられるのでオススメです。

 

まとめ

血糖値の上昇を抑えるには、野菜が効果的です。特に青汁のような青野菜は糖分が少ないので、血糖値のコントロールにはもってこいです。

 

普通の青汁では味気ないという人は、最近話題の『すっきりフルーツ青汁』がオススメです。

 

果物のほのかな甘みがあるので飲みやすく、普通の青汁と同様に血糖値への効果が期待できます。

 

食前30分前に飲むというのを習慣化すると、糖尿病などの生活習慣病の予防効果が期待できるのでぜひ取り入れてみてください。