健康診断で「コレステロールの値が高い」と言われたことがある人もいるでしょう。

 

血中のコレステロールが高い状態というのは、深刻化すると脳卒中や心臓病、動脈硬化などを引き起こす可能性があるということです。

 

健康に良いと言われている青汁は、コレステロールにも効果があるのかをご紹介します。

 

コレステロールとはどんなもの?

コレステロールというのは2種類あって、善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)というものがあります。

 

善玉コレステロールはコレステロールを回収する働きがあり、悪玉コレステロールコレステロールを供給する働きがあると言われています。

 

通常は両者のバランスがうまく取れている状態ですが食生活や生活習慣の乱れが原因で悪玉コレステロールが優位な状態が続くと、血管の壁にくっつく性質を持っています。

 

そうなると血管が狭くなって、様々な病気を誘発するのです。

 

青汁はコレステロールに効くの?

 

コレステロールに効果的な成分とは?

コレステロールに効果的な成分といえば、ビタミン類と食物繊維です。これらの成分を詳しく見ていきましょう。

 

・ビタミンE

抗酸化作用を持つ成分で、コレステロールが酸化する際に生じる過酸化脂質を分解する働きがあります。血液の流れもスムーズになるので悪玉コレステロールそのものの量を減らしてくれる効果も期待できます。小魚やナッツなどに含まれています。

・ビタミンC

不足すると体内にコレステロールが溜まりやすくなると言われています。すでに体内にある不要なコレステロールを排出する効果もあります。レモンやミカンなどの柑橘類やケールに多く入っています。

 

・食物繊維

食事に含まれるコレステロールを吸着して、便から排出しやすくしてくれます。野菜に多く含まれる成分です。

 

・乳酸菌

腸内の善玉菌を増やし、悪玉コレステロールを減らす働きがあります。

 

大麦若葉入りの青汁はコレステロールに効果大

青汁の主原料である大麦若葉には、コレステロールに効果的なビタミン類や食物繊維が入っています。

 

それに加えて、大麦若葉だけに含まれているSOD酵素もコレステロールを下げる効果が期待できます。

 

大麦若葉入りの青汁は沢山ありますが、乳酸菌が入っているのはフルーツ青汁ならではです。

 

中でもオススメなのは『すっきりフルーツ青汁』で、生きたまま腸に届く乳酸菌の力で体の内側から健康になれます。

まとめ

コレステロールを下げる効果がある成分が、青汁にはすべて入っています。

 

中でも大麦若葉はビタミン類と食物繊維、SOD酵素という成分が豊富で、コレステロールに特に効果的です。

 

それにプラスして、悪玉コレステロールを減らす効果がある乳酸菌が入っているのは『すっきりフルーツ青汁』ならではです。飲みやすくて、栄養満点で体の内側から健康になれるのでオススメです。