寒い季節になると「冷たい青汁を飲むのは気が進まない…」という人もいるでしょう。

 

青汁も、緑茶やコーヒーなどと同じように「ホットで飲めればいいのにな」と思っている人は多いはず。

 

しかし、多くの人が尻込みしてしまうのは「青汁の成分は熱に弱い」などという情報があるからです。今回は、その真偽に迫ります。

 

ホットで青汁を飲むなら加熱処理タイプのものがオススメ

 

「青汁はホットにすると栄養素が壊れてしまうのか?」という疑問があるかと思います。

 

基本的には、青汁はそのまま常温で飲む方が効果的です。

 

なぜかというと、青汁の主成分であるビタミンやミネラルは熱に弱い性質を持っているものも多いからです。

 

中でも注意すべきは、非加熱処理タイプの青汁です。

 

こちらのタイプは加熱処理タイプのものと異なり熱に弱い栄養素を多く含んでいるので温めると青汁の栄養素が壊れてしまう可能性が高いです。

 

だから、ホットでも青汁を飲みたい人は加熱処理タイプの青汁がオススメです。

ホットで青汁を飲むメリット3選

 

基本的には常温のまま飲むほうが良いとされている青汁ですが、ホットで飲むことのメリットもあります。ここではそのメリットを3つご紹介します。

 

・体が温まる

冷たい飲み物を飲むと体の内側から冷えてしまい、血行不良の原因になります。しかしホットの青汁なら体も温まり、冷え性改善にも効果的です。体が温まると、代謝も上がり免疫力が高まるので風邪などの感染症にかかりにくくなるというメリットがあります。

 

・デトックス効果が高まる

モデルさんを中心に人気がある白湯(さゆ)は、人肌程度に温めたお湯を飲んでデトックスを目指すものです。白湯と一緒で、温めた青汁は老廃物の排出効果を高めてくれる効果が期待できます。

 

・快眠の効果がある

温かい飲み物には、体を温める働きがあるので睡眠前のリラックスタイムにホット青汁というのもオススメです。牛乳で割るとより安眠効果があるとされています。

 

非加熱処理の青汁でも人肌程度のぬるま湯ならOK

 

青汁の栄養素は、常温の状態が効果的だとお伝えしましたが人肌程度のぬるま湯なら栄養素や成分の酵素が壊れる心配はありません。

 

よく考えてみたら、口から体内に入るものなので体温ぐらいの温度なら問題ないということですもんね。

 

温めて美味しく飲める青汁は『めっちゃたっぷりフルーツ青汁』です。ほのかな甘みが広がり、ホットでも美味しく飲めるのでオススメです。

 

まとめ

青汁は常温で飲む方が良いとされています。

 

しかし、ホットといっても熱湯でなくぬるま湯程度であれば栄養素が壊れることもないのでご安心ください。

 

温めて飲むことのメリットも沢山あります。

 

ただしホットで飲むと「青汁の本来のクセが出て風味が気になる」という人も中にはいます。

 

そんな人でも美味しく飲める『めっちゃたっぷりフルーツ青汁』なら、冷えが気になる人の温活にもピッタリですよ。