健康に関心が高い人たちの間で根強い人気の青汁と、最近話題になっているグリーンスムージーはどう違うのかイマイチ分からないという人も多いでしょう。

 

今回は、青汁とグリーンスムージーの違いをテーマにお届けします。

 

青汁とグリーンスムージーの違いについて

 

青汁とは?

 

青汁とは、青野菜の葉を絞って乾燥させたものです。

 

主成分は、ケールや大麦若葉、明日葉、桑の葉を使っているものがほとんどです。

 

「まずい、もう一杯!」というCMでもお馴染みですよね。

 

このCMのイメージのように、昔の青汁は苦味やエグ味があるものがほとんどでした。

 

なぜなら、ケールを主成分としている青汁が多く流通していたからです。

 

最近は大麦若葉や明日葉、桑の葉を主成分にした青汁が増えたので青汁=マズいというイメージは変わりつつあります。

 

近頃は、各メーカーが独自性を出すために青汁以外の成分にも力を入れいてて酵素、スルピリナ、乳酸菌などの独自の成分を配合したものを販売しています。

 

また、置き換えやダイエットに適しているフルーツ青汁は女性を中心に人気があります。

 

グリーンスムージーとは?

 

グリーンスムージーとは、野菜に果物を加えた飲み物です。

 

家庭でも野菜と果物があればミキサーやジューサーで作ることができて味の組み合わせは無限大です。

 

ビタミンやミネラルを豊富に含み、栄養価が高い分カロリーも高くなっています。

 

また、作る手間や材料費がかかるのでコストや時間の問題で継続できる人が少ないのがデメリットとも言えるでしょう。

 

市販化されているグリーンスムージーは、手軽に買える分ペットボトル飲料の2倍以上の価格なのでご褒美感覚で買う人も多いようです。

 

 

青汁とグリーンスムージーはどう違うの?

 

青汁と、グリーンスムージーの違いは材料に果物が入っているかいないかです。

 

青汁は、野菜がメインなので糖質が少なく価格もお手頃です。

 

しかし、健康には良くても味気がないと感じる人もいるようです。

 

グリーンスムージーは、野菜と果物が入っているので美味しくて飲みやすく満腹感が得られますが青汁と比較するとカロリーも高いという特徴があります。

 

まとめ

今回は、青汁とグリーンスムージーについてそれぞれどういった特徴があるのかを見ていき違いを比較しました。

 

両者の決定的な違いは、果物が入っているかどうかです。

 

しかし、最近は青汁とグリーンスムージーのいい所を合わせたフルーツ青汁というものに注目が集まっています。

 

フルーツ青汁は、青汁成分、果物や野菜などから抽出した酵素、乳酸菌、美容成分が入っているのでダイエットをしている女性を中心に人気が出ています。

 

青汁、グリーンスムージー以外にもフルーツ青汁が加わったことでより効率良く、美味しく、手軽に栄養素を摂り入れることができる選択肢ができました。

 

普通の青汁で挫折した人もぜひ試してみてください。