「貧血で日常生活に支障が出ている」という人は、女性を中心に多いと言われています。

 

中でも、圧倒的に若い女性が多く5人に1人は貧血持ちというデータもあるようです。そんな貧血の予防・改善にも青汁が効果的です。

 

貧血とはどんな症状のこと?原因は?

 

貧血というのは「朝起きるのが辛い」「立ちくらみがする」「めまいや息切れがする」などの症状を言い、血液中の赤血球やヘモグロビンの量が減って血液が薄くなっている状況のことです。

 

女性の場合は、生理の出血や妊娠・授乳などで鉄分が不足してしまいがちです。

 

貧血にはいくつか種類があります。中でも多いのが『鉄欠乏症貧血』で全体の9割を占めています。

 

体質的なもの、ホルモンバランスの乱れ、ダイエットや偏食による栄養素の不足が原因だと言われています。

 

しかし中には、病気が原因の貧血もあるので放っておくのは危険です。何が原因なのかを知る為に、一度病院を受診されてみるといいでしょう。

 

レバーが苦手な人も大丈夫!青汁で貧血予防・改善できる

 

貧血の予防・改善には鉄分とビタミン類の摂取が必要不可欠です。

 

鉄分やビタミン類を豊富に含むと言われているのはレバーですが、苦手な人も多いですよね。そんな人こそ青汁に頼るといいでしょう。

 

・貧血に効果大『鉄分』

やはり貧血といえば鉄分の摂取は不可欠です。レバーが苦手でも、大麦若葉に多く含まれているのでご安心ください。

 

・鉄の吸収率を上げる『ビタミンC』

鉄分の吸収率を高める働きがあります。ビタミンCは、ストレスがあると失われやすいのでマメに摂ると良いでしょう。

 

・ビタミンB12

造血に必要なビタミンで、大麦若葉や明日葉に含まれています。

 

・葉酸

葉酸は、造血に必要なビタミンですが体内に備蓄しておくことができない成分なので妊娠中・授乳中の女性は積極的にとるべき成分です。

 

貧血の予防と改善にオススメの青汁の選び方は?

 

貧血の予防と改善の目的で青汁を選ぶなら、大麦若葉が入っている青汁が効果的です。

 

大麦若葉は鉄分、ビタミン類のバランスに優れているので貧血に効果的な栄養素をバランス良く吸収できます。

 

大麦若葉配合で、鉄分の効果を高めるビタミンCや、女性ホルモンに働きかける豆乳の成分も入っている『めっちゃぜいたくフルーツ青汁』は貧血の女性にピッタリです。

 

まとめ

貧血は、めまいや立ちくらみなどの症状が日常的に起こるので辛いですよね。

 

女性に多いと言われているのは、生理などの出血で鉄分が不足しやすくホルモンバランスの影響もあるからです。

 

貧血の予防と改善を長期的に目指すなら、青汁という選択肢は非常に有効です。

 

レバーが苦手な人でも、大麦若葉を主原料とした青汁なら鉄分や各種ビタミンを効率良く補給できます。

 

中でも『めっちゃぜいたくフルーツ青汁』なら、豆乳の成分まで入っています。

 

女性ホルモンの乱れを整えながら貧血対策ができるのでオススメです。