「手足が冷えて氷のように冷たい」「靴下を履かないと眠れない」など、冷え性に悩んでいる人は多いです。

 

そんな手足の冷えを改善するのに「青汁を飲むと良い」という情報が寄せられています。

 

冷え性の原因とは?

 

冷え性というのは、血行不良が原因で手足など体の末端まで血管が行き届かない状況のことを言います。

 

その原因としてあげられているのは、気温などによるものだけではありません。

 

例えば、栄養不足や冷たい飲み物を摂取しているなど食生活が原因で体が冷えていたり、ストレスや緊張がかかり自律神経が乱れて血行不良に陥っている場合もあります。

 

また、ホルモンバランスの乱れが原因で冷え性になっている人は女性を中心に多いです。

 

青汁で冷え性が改善するのはなぜ?

 

体温を上げる食材と聞けば、生姜や唐辛子などを思い浮かべる人が多いでしょう。しかし、青汁にも体を温めるビタミン類が豊富に含まれています。

 

中でも、ビタミンEには血行促進の効果があり代謝を高めてくれる働きがあります。またホルモンバランスを整える効果も期待できるので、冷え性対策にはピッタリの成分です。

 

青汁で体が冷えそうと思っていませんか?

 

青汁は野菜で、基本は常温で飲むものです。

 

だから「飲んだら冷え性が余計悪化しそう…」と思う人もいるでしょう。

 

実際に、私も冬の朝は「お腹が冷えそう…」と感じます。

 

しかしこれは一時的なものです。青汁の中のカリウムという成分が、尿を排出をする際に熱を奪ってしまうことが原因だそうです。

 

冷えが気になる人は、人肌程度に青汁を温めて飲むといいでしょう。

 

 

冷え性にオススメは酵素の入ったフルーツ青汁

 

最近は、青汁の成分だけでなく酵素の成分が入っているフルーツ青汁が人気です。

 

酵素には体の機能を高め、代謝を促し血行促進効果があると言われています。オススメは『すっきりフルーツ青汁』です。

 

バナナのほのかな香りがあるだけで、味はいい意味で主張がない味です。

 

だから、ホットミルクに混ぜたり生姜やハチミツなどを加えたりアレンジして飲んでも美味しく飲めます。体がポカポカ温まるので冬にピッタリです。

 

まとめ

冷えを感じる原因は、外的な寒さだけではありません。

 

栄養不足や、自律神経の乱れにより血行不良がおこり、血の巡りが悪くなって手足などの末端部分が特に冷たくなってしまうのです。

 

また、ホルモンバランスの乱れによる冷え性は女性に多いです。

 

体を温める食材として走られていませんが青汁にも冷えに効果的なビタミン類が豊富に入っています。

 

最近は、体の巡りや代謝を高める酵素を配合したフルーツ青汁が冷え性の人に人気です。

 

『すっきりフルーツ青汁』なら、ホットでのアレンジも豊富なので試してみてください。