・青汁と野菜ジュースの違い!

どちらも野菜を使っている飲み物の青汁と野菜ジュースですが、両者の違いというのは何なのか分からないという人もいるでしょう。

 

「青汁は緑色で、野菜ジュースは色んな色の物があるな…」ということは目で見て分かりますよね。

 

まず1つ目の違いというのがこの色の違いにヒントがあります。

 

青汁は緑黄色野菜やその葉っぱを絞ったもので、野菜ジュースというのは緑黄色野菜だけでなく様々な色の野菜を使っています。だからオレンジ色や、紫色など野菜の自然な色素がついて色が豊富なんです。

 

続いて2つ目は、加工方法についてです。

 

青汁は原材料をそのまま丸ごと使っていますが、野菜ジュースは果物や砂糖やハチミツなどで甘みを出しています。

 

3つ目は栄養素の違いです。青汁はビタミン、ミネラル、食物繊維、カルシウム、カリウム、鉄分などをバランス良く配合しています。

 

一方野菜ジュースは、ビタミンやカロテンに栄養が偏っています。これら3つの違いが青汁と野菜ジュースの大きな違いです。

 

・青汁のメリット・デメリット

 

ここでは青汁のメリットと、デメリットをご紹介します。

 

メリットは、栄養素をバランス良く摂り入れることができるので健康やダイエット、美容への効果が期待できます。

 

スティックタイプなので、持ち運びがしやすくいつでも飲めるというのがメリットです。

 

ただし、混ぜて飲まなければいけないのでそれを手間だと考える人もおり作り置きができないのはデメリットとも言えるでしょう。

 

また、抗血液凝固剤として医療機関で処方されるワーファリンは青汁に含まれるビタミンKと組み合わさることで効果が薄くなってしまうので注意しましょう。

 

メリット

・栄養素をバランス良く補給できる

・健康増進効果がある

・便秘解消効果がある

・ダイエット効果がある

・美肌効果がある

・スティックタイプで持ち運びしやすい

 

デメリット

・製品によって飲みやすさに差がある

・混ぜて作るのが面倒

・作り置きができない

・ビタミンKと結びつき抗血液凝固剤(ワーファリン等)の効果が減退する

 

・野菜ジュースのメリット・デメリット

ここでは野菜ジュースのメリットと、デメリットをご紹介します。

 

野菜ジュースはどこでも買うことができて種類も多いというのがメリットですね。そのまま買ってきて飲めるので手軽で保存も効くので便利です。

 

ただ、加熱処理の段階で栄養素の一部が失われるというデメリットもあり味を美味しくするために果汁だけでなく糖分も多いという性質があります。

 

メリット

・美味しく飲める

・種類が豊富

・作る手間がかからない

・どこでも買える

・保存に便利

 

デメリット

・栄養素が偏っている

・糖分が多い

・加熱処理の段階で栄養素の一部が消失している

 

・野菜不足解消に良いのはどっち!?

 

青汁も野菜ジュースもどちらも野菜不足を解消する効果があります。

 

ただし、より多くの栄養素を含んでいるのは材料を丸ごと使用している青汁です。

 

また、加熱処理をしていないので野菜の栄養素をそのまま摂り入れることができるというメリットもあります。

 

このようにどちらも野菜が入っていることには変わりがありませんが、より野菜不足の解消に効果的なのは青汁です。

 

どうしても味が苦手で飲めないという人はフルーツ青汁のように飲みやすい青汁も出ているので試してみてくださいね。

 

・野菜不足が解消すると体にどんな変化が現れる?

 

現代人のほとんどは野菜不足の状態に陥っています。

 

野菜不足は生活習慣病を招き心筋梗塞や動脈硬化、高血圧などの症状を引き起こす原因にもなります。

 

それに、免疫力も低下するので風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなります。

 

また、便秘や肌荒れ、イライラなどの原因にもなるので野菜不足は体に良くないのです。野菜の理想の摂取量は1日に約350g以上とされています。

 

・野菜ジュースより青汁をおすすめするにはワケがある!

 

野菜ジュースと青汁をこれまで比較してきましたが、総合評価的に判断すると野菜ジュースよりも青汁の方が優っていることがわかります。

その理由は3つあります。

 

1つ目の理由はカロリーです。

 

果汁と砂糖が入っている野菜ジュースは1本あたりのカロリーは50〜100kcalというのが平均ですが、青汁は50kcal以下のものがほとんどです。

 

青汁は甘さがない分、低カロリーなのでダイエットにも効果的です。2つ目は安全性です。野菜ジュースには添加物などが入っています。

 

青汁は国産で無農薬など製品によってこだわりが感じられるので安全性が高いのは青汁です。

 

3つ目は、栄養価が高いということです。

 

野菜ジュースは加熱処理をしている為、野菜の栄養素の一部が壊れてしまっています。

 

青汁は生野菜をそのまま使っているのでビタミン、ミネラル、葉酸、鉄分、カルシウム、食物繊維などの栄養素をバランス良く配合しているのが特徴です。

 

このように低カロリーで、安全性も高く、栄養バランスが良いという理由から野菜ジュースよりも青汁の方がオススメです。