飲み会は、大人の社交の場として欠かせないですよね。

 

しかし、飲みながら話していると飲みすぎ・食べ過ぎで体調不良になるというのはよくあることです。

 

しまいには、翌日の二日酔いで激しく後悔するというのもお酒を飲む人の宿命です。そんな気になる症状が青汁で治るなら試してみたいと思いませんか?

二日酔い・食べ過ぎの胃もたれの症状と原因とは?

 

二日酔いの症状と原因とは?

 

二日酔いの症状として知られているのは、頭痛や吐き気・筋肉痛などの全身症状です。

 

なぜこういった症状が起こるのかというと、アルコールの分解・代謝がスムーズに行われないからです。

 

アルコールは、まず肝臓で毒性のある物質アセトアルデヒドに置き換えられます。このアセトアルデヒドが残ってしまうことが二日酔いの原因です。

 

食べ過ぎで胃もたれが起こる原因とは?

 

食べ過ぎで胃が重い、ムカムカするなどの症状がある場合は胃の機能が低下している可能性があります。

 

食生活や生活習慣の乱れ、飲酒や喫煙の習慣などで慢性的に胃に負担がかかっていると、胃の機能が低下してしまいます。

 

そうなると、胃酸の分泌量の調整が上手くいかなくなるので食べ物が消化できず胃もたれの症状が起こりやすくなります。

 

二日酔いや胃もたれの症状は青汁で治るって本当?

体に良いことで知られている青汁は、二日酔いや胃もたれにも効果があると言われています。その理由は大きく分けて2つあります。

 

①胃の粘膜を保護してくれるから

青汁には、ビタミンUという成分が入っており胃粘膜を保護する働きに優れています。飲み会の前や後など、どのタイミングで摂取しても胃もたれや二日酔いを防ぐ効果があります。

 

②アルコールの分解を助けてくれる

青汁には、アルコールの分解を助けてくれるビタミンCやビタミンB1、ナイアシンなどが豊富に含まれています。中でも、ケールを配合している青汁にはアルコールに直接働きかけてくれる酵素が入っているので効果的です。

 

お酒好きにオススメの生青汁とは?

 

お酒が好きな人の間で注目を集めているのが、MHMの『生青汁』です。なんと、お酒で割って飲んで楽しめる青汁なんです。

 

アルコールの分解に効果があるケールと酵素を配合した青汁なので二日酔いや胃もたれにも効果大です。

 

生青汁をお酒で割って胃と肝臓を守り、健康的に飲酒ライフを楽しみましょう。

 

まとめ

青汁には、二日酔い・食べ過ぎの胃もたれを解消してくれる効果があると注目が集まっています。

 

なぜなら、青汁のビタミン類やケールに含まれている酵素がアルコールの分解に働きかけてくれるだけでなく、胃粘膜の保護する働きもあるからです。

 

中でも、お酒好きの人の為に作られたMHMの『生青汁』は健康になりたいけれどお酒も楽しみたいという人にオススメです。